2014年6月20日金曜日

挫折と決心

「インドア派なのかアウトドア派なのかはっきりして欲しい」と紀子は言った。
義夫は「インドア派だ」とついにはっきりと言った。

紀子は喜んだ。そして泣いた。
オルゴールの音が聞こえる。

紀子はオルゴールの音に合わせて踊った。
そして声を上げて泣いた。

義夫はそんな紀子の姿を見て安心したのか
「集団的自衛権」について考えることにした。

こんな夫婦の物語を淡々と300ページに綴りたいと宣言してから
3年が経った。
明日から連載小説を書きたい、と宣言する行為だけしたい。
毎日毎日宣言すれば「毎日宣言をする」という物語が書けるかもしれない。
もう夕飯の時間だ。
私はパソコンをシャットダウンする意思を持ちながらスリープモードにし、
やはり、シャットダウンするべきだったと後悔することになるだろう。
毎日このような日々が続いている。

といった具合の私小説を書こうと思ってから5年が経った。
今日はもう遅いから寝よう。
明日は一日中ブラジルの気候について思いを巡らせながら、
夜を迎えて寝るフリをしたい。でも睡眠は大事だよ。

皆の話しがききたい

「皆の話がききたい」なんて言っている煮られたじゃがいもは毎日元気にインコを買っている。買っている。買っている。

今日で799940羽になった。となりの人参はいい迷惑である。だってじゃがいもの周りにインコが799940羽もいるんですもの。毎日毎日煮られたじゃがいもの隣で煮られている。

人参はもう我慢の限界である。毎日のようにインコがやってくるんですもの。
もう鍋の中はぎゅうぎゅう詰めだわ。


さて、こんな冒頭で書き始めた絵本を作ろうなんて私は思った。
きっと100万円の利益が出る妄想ができるわ。
とても私は嬉しい。